Archive for 10月, 2018

Published by ダイナコム on 30 10月 2018

平成30年7月豪雨にて被災された皆様へ


平成30(2018)年10月25日

各位

公益社団法人日本農芸化学会
会長 佐藤 隆一郎

去る平成30(2018)年6月28日以降の台風7号や梅雨前線の影響によって、広範囲で記録的な大雨となり、全国各地で激甚な被害が発生いたしました。

被災された方々に心よりお見舞い申し上げるとともに、亡くなられた方々やそのご家族の皆様には謹んでお悔やみ申し上げます。被災された地域の一日も早い復興と、一日も早く平穏な日々を取り戻せるよう、心よりお祈り申し上げます。

被災された地域を管轄する中四国支部を中心に、情報収集に尽力してまいります。

平成30(2018)年7月14日、政府は「平成30年7月豪雨」を「特定非常災害」に指定し、即日施行となったことから、日本農芸化学会では、過去の特定非常災害発生時に講じた措置に則り、会員の義務を履行できない場合の免責等の特別措置を講じることを検討し、理事会において以下のように決定いたしました。

  • (1)一年分の年会費を全額免除する
  • (2)中四国支部等の行事に参加する場合の参加費全額を免除する

(1)の年会費免除を申請される場合は、罹災証明書の写しのご提出をもって年会費免除の申請に替えて処理させていただきます。
(2)の中四国支部等の行事の参加費免除を受けるための具体的な方法につきましては、各支部ホームページ等にてご報告申し上げます。

(1)の免除を受けるための手続きは、市町村が発行する罹災証明書の写し(内容が判読可能な解像度の高い画像も可)、及び、会員番号と氏名を明記のうえ、メール添付あるいは適宜送信可能な手段にて学会事務局(会員係 Tel:03-5803-9561、Fax:03-3815-1920、E-mail)宛に申請してください。

なお、既納の会費は、返還手続きの事務処理が困難なため、免除対象となる会費の年度は、翌年度会費に振り替えさせていただきます。

来る2019年度東京大会(2019年3月24日~27日に東京農業大学にて開催予定)において一般講演発表を予定している方で、新規入会を検討している方の2019年度会費についても、罹災証明書の写しのご提出をもって会費免除いたします。

会費免除の申請は、2018年10月22日から受付を開始し、2019年3月末日をもって締め切りとさせていただきます。罹災証明書の写しの提出が困難な場合は、被災内容について記載された、学生会員の場合は指導教員、正会員の場合は所属長の記名押印のある文書(書式は任意)をもって罹災証明書とみなします。

照会先

公益社団法人 日本農芸化学会事務局
住所 東京都文京区弥生2-4-16学会センタービル
TEL:03-3811-8789
E-mail

Published by ダイナコム on 25 10月 2018

第53回 出前授業 実施報告

第53回 出前授業 実施報告を「中学校・高等学校への出前授業」ページへ掲載いたしました。

中学校・高等学校への出前授業 ページへ

Published by ダイナコム on 22 10月 2018

第53回 出前授業 実施報告

団体名 (岐阜県)岐阜県立大垣桜高等学校
開催日 2018年10月12日(金)
場所 岐阜県立大垣桜高等学校(岐阜県大垣市墨俣町上宿465-1)
授業の名称 「健康と食品:驚異の食品(食品が病気を防ぐ・食品が遺伝子に働きかける)」
講師 長岡 利 氏(岐阜大学 応用生物科学部 教授)
聴講者 高校3年生 生徒19名
報告 科目「課題研究」の授業において、科学的視点の重要性を認識し、各自の糀を用いた料理の研究にいかす一助としたいと考え依頼した。

講義内容
(1) 病気を予防するための食の重要性
(2) 健康寿命の延伸
(3) 社会活動寿命の延伸
(4) 特定保健用食品について
(5) 今、注目されている研究について

今まで学習してきた内容と重なる部分もあり、自分の知識を深化させることができた。商品を開発・提供していく際の科学的根拠の必要性について確認することができた。

授業風景

写真

写真

生徒さんの感想

  • 今までは、「健康=食生活」であると考えてきたが、医学や化学など様々な分野の研究すべてが「健康」につながると思った。私たちが研究している糀を用いた料理についても「おいしさ」や「見た目」も大切だが、そのような工夫をすることで、効率的に栄養が摂取でき、それが「健康につながっていく」ということを意識して、考えていきたい。自分自身でも実験をし、実感していくことの必要性を感じた。

Published by ダイナコム on 22 10月 2018

第52回 出前授業 実施報告

団体名 (熊本県)熊本県立宇士中学校・宇士高等学校
開催日 2018年10月12日(金)
場所 熊本県立宇士中学校・宇士高等学校(熊本県宇土市古城町63)
授業の名称 「応用微生物学者は『もやしもん』に嫉妬している」
講師 酒井 謙二 氏(九州大学大学院農学研究院 生命機能科学部門システム生物工学講座 教授)
聴講者 高校1年生および2年生 生徒25名
報告 ●●●

授業風景

写真

Published by ダイナコム on 22 10月 2018

【2018/12/1(土)開催】
日本農芸化学会関西支部例会(第506回講演会)">【2018/12/1(土)開催】
日本農芸化学会関西支部例会(第506回講演会)

概要

開催日時 平成30年12月1日(土)
場所 神戸大学 農学部 C101号室(神戸市灘区六甲台町1-1)
プログラム ◇一般講演
農芸化学奨励賞受賞講演
神戸大学大学院科学技術イノベーション研究科
若井 暁氏
農芸化学女性研究者賞講演
月桂冠株式会社総合研究所 堤 浩子氏
講演申込締切 平成30年11月2日(金)
講演要旨締切 平成30年11月9日(金)
お問合せ先 山内 靖雄
Tel & Fax: 078-803-5886
E-mail (青字「E-mail」の部分をクリックしてください)

詳細は http://kansai.jsbba.or.jp/ をご覧ください。

Published by ダイナコム on 19 10月 2018

日本農芸化学会2019年度大会[東京]サイトオープン

日本農芸化学会 2019年度大会[東京]のホームページを開設いたしました。

日本農芸化学会2019年度大会[東京]

Published by ダイナコム on 16 10月 2018

企業研究者活動表彰の募集について【12月20日締切】

本会では、2019年度から「企業研究者活動表彰」を新たに設けることとなりました。本表彰は、全国大会、支部例会の一般講演、またはシンポジウム等で筆頭発表者として研究成果報告を行った企業在籍の会員を表彰することで、企業研究者の学会活動を奨励するものです。

該当される会員の方は奮ってご応募ください。

募集要項

応募資格 ・企業研究者として3年以上の会員歴を有する者
・2018年度名古屋大会において筆頭発表者として学会発表した企業所属の正会員で、それ以前に1回以上の発表を行った者

※2017年度以前の全国大会、または各支部で開催された支部例会において企業研究者かつ筆頭発表者として発表した回数を含める。
※後日、2019年度東京大会で筆頭発表者として学会発表登録した企業所属の正会員にも改めて募集をいたします。同じく、東京大会において表彰を予定しております。
※2020年度以降の全国大会発表予定者についても、同様に表彰事業を行う予定です。
表彰 ・2019年度東京大会の懇親会において表彰し、会場に氏名と所属企業を掲示いたします。
・表彰時の懇親会は無料招待となります。

※表彰者の所属企業社長宛に、「企業研究者活動表彰」の表彰者であることを通知いたします。
応募方法 下記フォームよりお申し込みください。
2019年度東京大会で2回目の発表を予定されている方は、11月以降にご応募ください。



申請フォームに入力、送信後、登録されたE-mailアドレス宛に受付通知が自動送信されます。メールが届かない場合は、E-mail(青字「E-mail」の部分をクリックしてください)にてお問い合わせください。
問い合わせ先 公益社団法人日本農芸化学会
TEL:03-3811-8789
FAX:03-3815-1920
E-mail(青字「E-mail」の部分をクリックしてください)

※本表彰は企業研究者個人の活動に対してのものとなります。この事実を開発製品等の宣伝に使用することは認められません。

Published by ダイナコム on 16 10月 2018

学会事務局契約職員の募集

2018年10月16日
公益社団法人日本農芸化学会

このたび、公益社団法人日本農芸化学会では、学会事務局の業務に従事する人材を募集いたします。

採用人数 若干名
応募資格
  • 学会活動の意義を理解されている方。
  • 農芸化学諸分野(化学、生物、食品科学等)の学問を学ばれた経験のある方。
  • Excel・Word、メール送受信などの基本的操作スキルがある方(データ入力・差し込み印刷・外部宛文書の作成ができる方を想定)。
※日本語及び英語の読解力・文章力、公益法人運営、公益法人会計のスキルがあれば優遇します。
※学会とは、学問や研究の従事者らが、自己の研究成果を公開発表し、その科学的妥当性をオープンな場で検討論議する場である。 また同時に、査読、研究発表会、講演会、学会誌、学術論文誌などの研究成果の発表の場を提供する業務や、研究者同士の交流などの役目も果たす機関でもある。(Wikipediaより抜粋)
雇用形態 契約職員
※有期契約。正職員(無期雇用)への登用の可能性はあります。採用後最初の3ヶ月は試用期間。
採用時期 2019年1月(予定)※随時面接して希望に応じて決定します。
勤務地 日本農芸化学会事務局(東京都文京区弥生2-4-16学会センタービル2階)
交通 東京メトロ千代田線「根津駅」徒歩5分、南北線「東大前駅」徒歩8分
勤務時間 午前9時30分~午後5時45分(昼食休憩あり)
給与 基本給23万円より、諸手当、賞与(国家公務員に準拠)
※基本給はスキルや能力を考慮の上、本会の給与規程により決定いたします。
※試用期間(3ヶ月)は基本給の90%とします。
休日休暇 週休2日制(土曜日・日曜日)、祝日、年末年始休暇、慶弔休暇、有給休暇、創立記念日
※年次大会期間中は開催地における出張勤務あり。
福利厚生 交通費全額支給、社会保険完備(雇用保険・労災保険・健康保険・厚生年金)、出張手当、扶養手当、住宅手当、調整手当、私服勤務
応募方法 履歴書及び職務経歴書のpdfデータにパスワードを設定し、メール添付で事務局長宛へ送信のこと。
書類選考のうえ、随時面接日時をご連絡します。
応募先・問い合わせ先 応募者多数につき、2018年11月20日現在、応募受付を中止しております。

Published by ダイナコム on 11 10月 2018

【2018/11/17(土)開催】
サイエンスカフェ in 弘前">【2018/11/17(土)開催】
サイエンスカフェ in 弘前

【2018/11/17(土)開催】第121回サイエンスカフェ in 弘前「寄生虫になるのは進化?退化?」を「サイエンスカフェ」ページへ掲載いたしました。

サイエンスカフェ ページへ

Published by ダイナコム on 11 10月 2018

【2018/11/10(土)開催】
サイエンスカフェ in 東京">【2018/11/10(土)開催】
サイエンスカフェ in 東京

【2018/11/10(土)開催】第120回サイエンスカフェ in 東京「原発事故から7年、福島の農作物は大丈夫?」を「サイエンスカフェ」ページへ掲載いたしました。

サイエンスカフェ ページへ

Next »