Archive for 10月, 2018

Published by ダイナコム on 16 10月 2018

企業研究者活動表彰の募集について【12月20日締切】

本会では、2019年度から「企業研究者活動表彰」を新たに設けることとなりました。本表彰は、全国大会、支部例会の一般講演、またはシンポジウム等で筆頭発表者として研究成果報告を行った企業在籍の会員を表彰することで、企業研究者の学会活動を奨励するものです。

該当される会員の方は奮ってご応募ください。

募集要項

応募資格 ・企業研究者として3年以上の会員歴を有する者
・2018年度名古屋大会において筆頭発表者として学会発表した企業所属の正会員で、それ以前に1回以上の発表を行った者

※2017年度以前の全国大会、または各支部で開催された支部例会において企業研究者かつ筆頭発表者として発表した回数を含める。
※後日、2019年度東京大会で筆頭発表者として学会発表登録した企業所属の正会員にも改めて募集をいたします。同じく、東京大会において表彰を予定しております。
※2020年度以降の全国大会発表予定者についても、同様に表彰事業を行う予定です。
表彰 ・2019年度東京大会の懇親会において表彰し、会場に氏名と所属企業を掲示いたします。
・表彰時の懇親会は無料招待となります。

※表彰者の所属企業社長宛に、「企業研究者活動表彰」の表彰者であることを通知いたします。
応募方法 下記フォームよりお申し込みください。
2019年度東京大会で2回目の発表を予定されている方は、11月以降にご応募ください。



申請フォームに入力、送信後、登録されたE-mailアドレス宛に受付通知が自動送信されます。メールが届かない場合は、E-mail(青字「E-mail」の部分をクリックしてください)にてお問い合わせください。
問い合わせ先 公益社団法人日本農芸化学会
TEL:03-3811-8789
FAX:03-3815-1920
E-mail(青字「E-mail」の部分をクリックしてください)

※本表彰は企業研究者個人の活動に対してのものとなります。この事実を開発製品等の宣伝に使用することは認められません。

Published by ダイナコム on 16 10月 2018

学会事務局契約職員の募集

2018年10月16日
公益社団法人日本農芸化学会

このたび、公益社団法人日本農芸化学会では、学会事務局の業務に従事する人材を募集いたします。

採用人数 若干名
応募資格
  • 学会活動の意義を理解されている方。
  • 農芸化学諸分野(化学、生物、食品科学等)の学問を学ばれた経験のある方。
  • Excel・Word、メール送受信などの基本的操作スキルがある方(データ入力・差し込み印刷・外部宛文書の作成ができる方を想定)。
※日本語及び英語の読解力・文章力、公益法人運営、公益法人会計のスキルがあれば優遇します。
※学会とは、学問や研究の従事者らが、自己の研究成果を公開発表し、その科学的妥当性をオープンな場で検討論議する場である。 また同時に、査読、研究発表会、講演会、学会誌、学術論文誌などの研究成果の発表の場を提供する業務や、研究者同士の交流などの役目も果たす機関でもある。(Wikipediaより抜粋)
雇用形態 契約職員
※有期契約。正職員(無期雇用)への登用の可能性はあります。採用後最初の3ヶ月は試用期間。
採用時期 2019年1月(予定)※随時面接して希望に応じて決定します。
勤務地 日本農芸化学会事務局(東京都文京区弥生2-4-16学会センタービル2階)
交通 東京メトロ千代田線「根津駅」徒歩5分、南北線「東大前駅」徒歩8分
勤務時間 午前9時30分~午後5時45分(昼食休憩あり)
給与 月給20万円程度、諸手当、賞与
※スキルや能力を考慮の上、決定いたします。
※試用期間は基本給の90%とします。
休日休暇 週休2日制(土曜日・日曜日)、祝日、年末年始休暇、慶弔休暇、有給休暇、創立記念日
※年次大会期間中は開催地における出張勤務あり。
福利厚生 交通費全額支給、社会保険完備(雇用保険・労災保険・健康保険・厚生年金)、出張手当、扶養手当、住宅手当、調整手当、私服勤務
応募方法 履歴書及び職務経歴書のpdfデータにパスワードを設定し、メール添付で事務局長宛へ送信のこと。
書類選考のうえ、随時面接日時をご連絡します。
応募先・問い合わせ先 公益社団法人日本農芸化学会 事務局長 E-mail
※質問、応募はメールのみで受付いたします。

Published by 学会(事務局) on 15 10月 2018

研究者公募情報 更新

の情報を追加しました。

 ⇒ 研究者公募情報 ページへ

Published by 学会(広報) on 12 10月 2018

研究会カレンダー 更新

  ⇒ 研究会カレンダー ページへ

Published by ダイナコム on 11 10月 2018

【2018/11/17(土)開催】
サイエンスカフェ in 弘前">【2018/11/17(土)開催】
サイエンスカフェ in 弘前

【2018/11/17(土)開催】第121回サイエンスカフェ in 弘前「寄生虫になるのは進化?退化?」を「サイエンスカフェ」ページへ掲載いたしました。

サイエンスカフェ ページへ

Published by ダイナコム on 11 10月 2018

【2018/11/10(土)開催】
サイエンスカフェ in 東京">【2018/11/10(土)開催】
サイエンスカフェ in 東京

【2018/11/10(土)開催】第120回サイエンスカフェ in 東京「原発事故から7年、福島の農作物は大丈夫?」を「サイエンスカフェ」ページへ掲載いたしました。

サイエンスカフェ ページへ

Published by ダイナコム on 11 10月 2018

【2018年11月9日(金)開催】
サイエンスカフェ in 札幌">【2018年11月9日(金)開催】
サイエンスカフェ in 札幌

【2018/11/9(金)開催】第119回サイエンスカフェ in 札幌 「キノコと酵母の最新鑑定手法 – 質量分析」を「サイエンスカフェ」ページへ掲載いたしました。

サイエンスカフェ ページへ

Published by ダイナコム on 11 10月 2018

【2018/11/17(土)開催】第121回サイエンスカフェ in 弘前">【2018/11/17(土)開催】第121回サイエンスカフェ in 弘前

概要

日時 2018年11月17日(土)14:00~15:30
場所 集会所indriya
(青森県弘前市紙漉町4-6)
テーマ 「寄生虫になるのは進化?退化?」
講師    ・コーディネーター 坂元 君年 氏(弘前大学農学生命科学部)
内容 寄生虫症は一昔前は日本でも身近な感染症でしたが、現在は身近なものでは無くなっています。また、寄生虫に関する研究は病気の克服という印象を受けるかもしれません。ところが、進化の研究のなかで寄生虫は無視出来ない、いろんな可能性の集まりです。進化という着目点での寄生虫を紹介します。
参加費 500円(飲み物代として)
定員 20名
参加申込・お問合せ先 (コーディネータ):坂元 君年(弘前大学)
Tel:0172-39-3893  Fax:0172-39-3894
E-mail (青字「E-mail」の部分をクリックしてください)

※参加申込は、東北支部HPからも受け付けております。

ポスター

サイエンスカフェ

サイエンスカフェ in 弘前ポスター(PDF)

会場風景

会場風景

報告

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

参加者:xx名

xx xx

Published by ダイナコム on 11 10月 2018

【2018/11/10(土)開催】第120回サイエンスカフェ in 東京">【2018/11/10(土)開催】第120回サイエンスカフェ in 東京

概要

日時 2018年11月10日(土)15:00~16:10
場所  三省堂書店神保町本店 2階 UCC カフェコンフォート
(東京都千代田区神田神保町1-1)
共催 三省堂書店、日本学術会議農芸化学分科会
テーマ 「原発事故から7年、福島の農作物は大丈夫?」
コーディネーター 西川 拓 氏(毎日新聞社 科学環境部) 
講師 田野井 慶太朗 氏(東京大学大学院農学生命科学研究科 放射線植物生理学研究室)
挨拶 加藤 久典 氏(日本学術会議連携会員)
内容 2011年3月に発生した大地震に伴い、東京電力福島第一原子力発電所(以下、福島第一原発)から大量の放射性物質が環境中に放出されました。我々が得ている食べ物とりわけ農産物は環境を巧みに利用して生産されるものです。その環境が一様に放射能汚染された状況下において、食の安全について懸念が広がりました。震災から7年経った現在に至るまで、福島県で生産される農産物の安全確保にどのような努力がなされてきたのでしょうか。農業や農産物の現状を確認しながら、皆様と一緒に、食の安全について考える機会にしたいと思います。
参加費 500円(ワンドリンク付)
定員 25名
参加申込・お問合せ先 三省堂書店サイエンスカフェのページよりお申し込みください。

ポスター

サイエンスカフェ

サイエンスカフェ in 東京ポスター(PDF)

会場風景

会場風景

報告

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

参加者:xx名

xx xx

Published by ダイナコム on 11 10月 2018

【2018/11/9(金)開催】第119回サイエンスカフェ in 札幌">【2018/11/9(金)開催】第119回サイエンスカフェ in 札幌

概要

日時 2018年11月9日(金)18:00~19:30
場所 三省堂書店札幌店BOOKS&CAFE(UCC)
(札幌市中央区北5条西2丁目JRタワー札幌ステラプレイス5F)
共催 三省堂書店
テーマ 「キノコと酵母の最新鑑定手法 – 質量分析」
コーディネーター 田上 貴祥 氏(北海道大学大学院農学研究院)
講師 山口 昭弘 氏(酪農学園大学農食環境学群)
内容 キノコは北海道内だけでも800種を超える種類が確認されており、それらを鑑定するには高度な知識と専門的な技術が必要です。しかし近年、キノコ・酵母・細菌などの微生物の種類を“質量分析”という技術を用いて迅速簡便に鑑定する手法が確立されつつあります。質量分析という言葉を普段耳にすることはほとんどありませんが、科学研究はもちろん病気診断やドーピング検査など様々な場面で利用されています。本会では質量分析の原理について概説するとともに、質量分析の実用例について紹介します。
参加費 500円(コーヒー・茶菓子代として)
定員 30名(多数の場合は先着順になります)
参加申込・お問合せ先 参加申込
(1)『三省堂サイエンスカフェHP』の申込フォーム よりお申込みください。
(2)直接ご来店:三省堂書店札幌店サービスカウンターにて承ります。
お問い合せ
三省堂書店札幌店 011-209-5600

ポスター

サイエンスカフェ

サイエンスカフェ in 札幌ポスター(PDF)

会場風景

会場風景

報告

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

参加者:xx名

xx xx

Next »